So-net無料ブログ作成
検索選択
臨書/真草千字文 ブログトップ

部屋と心の模様替え [臨書/真草千字文]

senjimon4.jpg

師範試験提出が終わってから、
やっと少し余裕が持てるようになりました。
そちらばかりがメインで、多少疎かになっていた臨書。
師範提出用の多宝塔碑と曹全碑はひたすら書いてましたけどね^^;
お稽古の通常カリキュラム、真草千字文(しんそうせんじもん)がやりかけの状態に。
今週はお稽古がお休みだったので、その間は臨書を重点的に書いてました。

千字文とは名の通り、全部で千文字あるんですが
4字を1句とする250個の短句になっていて、
一文字も同じ字が重複していないもので、昔から漢字の手習い用に使われていたそうです。
今でいう教科書みたいなもの?でしょうか。
真草、というのは楷書と草書で書かれたもの、という意味で
私が今回臨書しているのは智永という人の書いた作品です。
私は草書の方を書いています。
草書…何度書いても難しい;;
でも、ゆっくり臨書が出来る…って、何年ぶりかしら(笑)
何だか嬉し、楽し、です^^


*******


時間と共に色んな事が少しずつ動いていて、
何が起ころうとも前に進んで行かなければならないのが人生。
私にとって大きな区切りとなりそうなこの時期。
気持ちの切り替えはそんなに簡単な事ではないですが
少しずつでもそうできるように、と
大幅な家の模様替えを計画中。
毎日の生活の目先が変わったら、
また新たな気持ちで色んな事に取り組めるようになれそうな気がして。

ちょっと使い勝手が悪かった所なども、手間とお金を少しかけて
この際改良してみよう。毎日を気持ちよく送れるように。
父と母の居場所…小さくておしゃれな仏壇を、近々購入予定。
すっきり居場所を整えてあげられたら、最後に母の遺品の整理をしつつ、
私の気持ちの整理もつける。

新たなスタートがきれるように、準備開始です!^^

写真は千字文より^^
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

泣き言連発 [臨書/真草千字文]

senjimon3.jpg

久々にお稽古レポです^^;
二週空けてのお稽古になりました。
色んな気持ちのもやもやもそのままに…書き初めの締め切りが目前に迫ってます。
時間は待っていてくれないのねん;;クスン
今回も条幅二点の出品予定。
一つは何とか形になってきましたが、もう一つがなかなか…
先生に、今回は前回の大賞作品のイメージとは変えて書いてと言われ^^;
確かにね…毎年同じようなのを書いていたら、またかと言われてしまいそう(笑)
書き分けられるような技量があればいいけれど…泣きたくなるほどそんなのない;;
いつかは色んな表情で書けるようになりたいなぁ。
泣き言を言っていても仕方ないので、あと一週間頑張るのみです。

来年の院内展、そして師範試験までのスケジュールを
改めて先生が立ててくださり、今回プリントを頂いたのですが
それを見て身体が固まりました^^;
時間がなーい!(゜ロ)ギョェ
そしてそれまでにかかる費用の算出をしたらまたまた固まり(゜;)エエッ
師範組のお友達と一緒に「笑うしかないね〜」と言ってる顔が引きつってました(笑)あは
ようやく見えて来た一つの山だからね…^^;
やるからには仕方のない事ではあるけれど、
目の前で湯水の様に消えていくものたちに、さよならを言う時間もないのでありました(笑)
…大丈夫か?アタシ!^^;
…と、気がつけばまた泣き言になってました(笑)

とにかくやるしかないのだから、やるのだ、やるのだ、やるのだーーー!

写真は千字文より♪

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Bible [臨書/真草千字文]

senjimon1.jpg
senjimon2.jpg

子供の頃から本を読むのが好きでしたが
そのほとんどは推理小説ばかりでした。
小学生の頃は専ら赤川次郎(笑)
何故それを読むようになったかは覚えていないのですが
昔から推理ものが好きだったのは
確実に父の遺伝子によるものだったのでしょう(笑)
もう少し大きくなって横溝正史をよく読みました。
横溝正史はかなりグロい場面もありますが、単なる推理小説ではなく
複雑に絡んだ人間関係や人生の運命のようなもの、
それが幾重にも折り重なっている所が好きな理由でした。
横溝正史を読んだら、赤川次郎はもう読めませんでした^^;
父に勧めらてアガサクリスティもよく読みました。
同じものを繰り返し何度も読むのが好きで、
未だに忘れたころにまた読んだりします。

最近は本の好みが随分変わりました。
好みというよりは選ぶジャンルですね。
推理小説はこの頃ほとんど読んでいません。
書に関する本が第一、そしてちょっと前から
私のバイブル的な本になったのが空海の教えです。
とはいっても、私には信仰宗教はありませんし、
これからも属する事はないでしょう。
でも、生きる上で大切にしたいことが盛りだくさんです。
空海は真言宗を開いた人ですが、書人としても有名な人物でした。
元々名前くらいは知っていましたが、書を学んでいくうちに
もっと色々知りたいと思うようになり、
最近は空海に関する本を見つけては読むようになりました。
日々の様々な場面で迷ったり心がざわついたり…
そんな事がこのところ続いていたので、
自然とたどり着いたのかもしれません。
繰り返し何度も読む…それはこの本でも変わりません^^
何かあるごとに開きます。
何となく心をすっと軽くしてくれる、今の私のバイブルです^^

※写真上は今度始まるお稽古での臨書、真草千字文より。


image-20120913173139.png

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
臨書/真草千字文 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。