So-net無料ブログ作成
臨書/書譜 ブログトップ

テキトー万歳!^^ [臨書/書譜]

shohu_f2.jpg
※クリックで拡大します^^

先日母の病院の診察へ3週間ぶりに行ってきました。
行っている病院は小さな小さな、自宅の一角でやっているようなクリニックなので
もちろん先生も一人、受付の方も一人だけ。
診察日は週に3日しかないので、いつもいつも予約はいっぱいで
今、初診の人は受け付けてない…というくらいの満員状態。
本当は2週間毎に行っているのが、予約が入らないという理由で
今回3週間ぶりになってしまったわけなんです。
もちろん、母の状態が少し落ち着いているから…という事もあるのですが。

落ち着いている、といっても元の母の面影はまだうっすら…という感じで
それでも、最近は少しだけ言葉を交わすようになりました。
今までは本当に話をしなくなってしまって、食欲も落ち、
もともと痩せていた母ですが、今は多分体重30キロ強くらいしかないと思います。
この一年、父と共に色んな事に頭を悩ませて来たのですが
最近はまた少し、気持ちの持ちように変化があったように思います。
元々、うちの家系は心配性で、父も良い意味でも悪い意味でも細かい所まで気がつくタイプ。
それが人への配慮という点ではとても良い事だとは思うんですが
父の場合は取り越し苦労になってしまう事もたくさんなんですね。
娘の私から見ても、「そこまで気を使うこともないんじゃない?」という台詞が何度出てくることか(笑)
そんな父なので、母の事に於いても
何かちょっといつもと違う事があるととっても心配してしまうんですね。
そして大事に至る前に何とかできないかとあれこれ考える。
実際は放っておいてもどうってことない事の方が多かったりするんです。
もちろん、何かあってからでは遅いので、それが悪い事だとは全然思わないんですけれど
要するに、いつもその調子では父の方が参ってしまうって事なんですね^^;
そんな感じでこの一年は父も私も何かあるとあちこち病院へ行って検査をさせたりして
奔走した一年だったわけなんですが…
それが、最近は少し変わってきました。

そうやって、色々心配しすぎる事が
実は母にとってもあまり良い事ではないのではないか、という結論に達したからなんです。
人っていうのは不思議なもので、風邪なんかの時もそうだと思うんですが
それまでは大した事なかったのに、いざ体温を測って結構熱が高かったと知るやいなや、
ガクッとくる事ってないですか?要するに病は気から、というやつです^^;
それと同じで、周りで私達がささいな事にまで敏感に反応してしまったら
それを聞いたり目にしている母にも絶対に良くないと感じたんです。
周りが気づかずに実際の症状以上に病人にさせてしまう…ってこと、特に高齢になるとあるんだそうです。
今の母にはとにかくいつもの生活、何事も変化なく淡々とのんびりと過ぎてくれる時間…
それが一番必要なのではないかと。
父とも、とにかく自然体で行こう、今までの私達の生き方と同じように…と話し合いました。
私も、母に逢う度に身体の具合を聞くんじゃなくて、普通の話をしようと決めました。
「今日はものすごく外寒いよ〜」とか、そんな何でもない事を^^
病院が3週間ぶりだった事もあり、その間特別な事もなかったので
母にとってはいつになく「何もない生活」が送れた期間だったのかもしれません。
そのお陰かはわかりませんが、少しだけ落ち着いている状態が続いている…そんな感じです。

何でもかんでもひたすら一生懸命に頑張りすぎるっていうのが
時に良くない事もあるのかもしれません。
ある程度遊びの部分というか、良い意味でテキトーな部分というのかな。
そういう部分を心のどこかに持ちつつ、その上で頑張る事が必要だと感じます。
結局、何でもいっぱいいっぱいっていうのは良くないって事ですね^^;
父は今までそう生きてこなければならなかった人生だったんだと思います。
厳しい時代を生き抜いて来た年代の方は、きっとみんな同じかもしれませんね。
私はある事をきっかけに、数年前から結構テキトーで占めてる部分が多くなってます(笑)
それが新たなものを生み出してくれるって事も知りました。
今度は父に、それを教えてあげたい私です^^

※写真は先日のお稽古より。書譜の臨書です♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

集まれ!わたし。 [臨書/書譜]

shohu_f1.jpg
※クリックで拡大します^^

今月最初のお稽古。
作品展の提出も終わり、止まっていた新しい臨書がスタートしました。
苦手な草書の古典「書譜」です^^;
10月に入ってしまうと恒例の書き初め展の作品作りが始まってしまうので
またしばらく臨書はお休み。なので今月は集中して頑張りたいです。
草書の古典の代表的な作品の書譜ですが、私はどうも草書自体がニガテ^^;
字形が難しいこと、漢字の判別がつかないこと^^;
崩されすぎて元の字がホントにわからないものばかりです。
こうなるともう、漢字というより何かの暗号のような感じ^^;
それでも、ニガテとか言ってられないので、何とか頑張らねば。
前に自分で途中まで臨書してましたが〜今回はまた最初から書き直しです。

実は最近、自分の気持ちがぐらぐらしている事が多くて
書の練習、手に付かない期間が続いていました。
このブログを長く見てくださっている方にはお馴染みの(笑)
いつものバイオリズムの低下ってやつですね^^;
何というか理由がわからないのですが体が動いてくれないのです。
気持ちは動け、やれ!と命令を出しているのに
体が拒否をしているんですね。
自分の中の気持ちがバラバラで、それぞれ勝手な事をしている感じ。
まとめ役の私が「整列〜!」と言っているのに、誰も聞いてくれない感じ^^;

こんなんじゃいけないと思いながらも
もうウン十年近く「私」をやっている私です(笑)
こういう時はそれでいいじゃないか、最近はそんな風にも思える時が増えました。
その間は、勝手に動き回っている「わたし」に好き勝手にさせておきます。
あれもやり、これもやり、あっちもやってみよう、なんて事もあったり
ひとしきり飽きたら、またあるべき場所に戻ってくるでしょ〜なんて思いながら^^;

…そうしているうちに、知らない間にきちんと整列して
「わたし」が私として動き出してくれる事でしょう〜^^;

※写真は書譜の臨書から♪


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベクトル [臨書/書譜]

 shohu14.jpg
 shohu15.jpg
※クリックで拡大します^^

久々の書譜です^^;
最近臨書が疎かになってました。いけません、そんなんじゃ[パンチ]
仕事も大分落ち着いたので、オフの期間は臨書強化期間としましょうか。
段々と吹く風も秋の香りがしてきました。
これから色んな事をやるのに良い季節ですものね^^
夏が大好きな私としては、この秋に移り変わっていく期間というのはとても寂しくて。
あぁ、また夏になるまで一年長いなぁなんて思ってしまうのでありました。
…実は一年はあっという間なんですけどね^^;

先日、相方さんが前に勤めていた会社の飲み会に呼ばれて出掛けて行きました。
ま〜訳アリで辞めた会社ながら、同僚たちはとても良い人に恵まれたみたいで
それでも、訳アリだったから、みんなに会うのは一年ぶり。
ようやく向こうも声を掛けやすい日数が経ったということなんでしょう。
一年経ってもみんな相変わらずだったよ、と言ってましたが
会社の環境や雰囲気はちょっとずつ変化があったようでした。
たった一年と言えど、やはり常に時は動いていて
同じ所に立ち止まっているものなど何もないんですね。
自分がその場にいてもいなくても、時間だけはどんどんと過ぎていく。
そして時間が過ぎるということは、常に何かが変化しているということ。
自分の一年前なんて、あんまり今と何も変わってないように思えるのだけど…
でも、自分でも気がつかないところで、きっとちょっとずつ何かが変わっているに違いない。
それが良い方向へのベクトルならいいなと思う…今はわからないことだけれど。
そして、一年後の自分がまた良い方向へ向かっていけるように
今を懸命に生きてくしかない。悔やまない毎日を。

…そうすることできっと、色んな事につながっていく。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
タグ:くらし
nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

なみだのわけ [臨書/書譜]

shohu13.jpg
※クリックで拡大します^^

最近また偏頭痛がよく発生してます(>_<)
昔はそんな頭痛持ちではなかったんだけどなー。
友人の話ではお天気の気圧とかにも関係あるとかないとか。
私の場合99%は肩こりが原因だと思うけれど^^;
こういう時期だから、気圧とかもまんざら関係なくはないのかもしれませんね。

最近の話つながりですが
このところ何だか涙もろくっていけません(笑)
元々嬉しくても悔しくても悲しくても、すぐに泣く方でしたけれど^^;
最近はちょっと見ていたテレビで流れた音楽ワンフレーズとか、
話の内容が途中からでよくわからないのに、映画のワンシーンだけでも泣けてきます。
先日のマイケルの追悼式でのパリスちゃんの言葉でも(笑)
今日は何年か前に行われたドリカムのライブをテレビでやっていて、
それを見て、聴いていたら泣けてしまった。
洋楽派の私だけれど、ドリカムは昔よく聴いたんだ。色々思い出しちゃった[あせあせ(飛び散る汗)]

涙のしくみって不思議です。
本当かどうかわかりませんが、嘘泣きで泣く涙とか嬉し泣きの涙、悲しい時の涙、
全て成分が違うっていう話をどこかで聞いたことがあります…ホントなのかな。
とにかく、そんな風にちょこちょこっと中途半端に涙していたら
脳に変な風に刺激があったのか、偏頭痛を誘発してしまった気がする^^;
ハートとソウルと涙。みんなつながってる。
人の体って不思議だらけ。


※写真は超久々の書譜の臨書です^^;


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
臨書/書譜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。