So-net無料ブログ作成
検索選択

展覧会のお知らせ [書教室]

jun_shi_kaku.jpg

3月ももうすぐ終わりですね…
桜の時期はあっという間ですが、今年はどうなんでしょう。
今年は自分もバタバタ余裕がなかったせいもあって
桜をちゃんと見てない気がします^^;
わざわざ見に行ったりしなくても、毎年あぁ、桜ってやっぱりいい♪って
思える瞬間があるんですけれど…
今年は未だその感覚がなくって。
ダメだなぁそんな余裕のないことでは^^;
寒暖差が激しいので、長持ちしてくれるといいんですけれど…

ところで、改めてなんですが
来週、いよいよ展覧会が始まります^^
気候も良くなって来ましたので、
銀ブラがてら、お立ち寄りいただけると嬉しいです♪
今回は所属の会の書道展なので、いかにも書展という感じの作品ばかりです。
インテリア書みたいな感じではないので、
難解と思われる方も多いかとは思いますが^^;
感じるままに見ていただければと。
迫力のある作品が並ぶと思いますので、
パワーを貰いに、是非お越しくださいませ^^
ちなみに、銀座でやる展覧会に私が出展する事は
当分ないかと思われます(ホントはもっと出したいけれど笑)
そういう意味では貴重な機会になるかと思います^^
私も何日か見に行く予定でおります。
バッタリお会いしたら、声をかけてくださいね^^

ご案内はこちらから♪

ちなみに、今回私が出した作品の内容について触れておきたいと思います。
内容を知っているか、そうでないかでは
見る気持ちも変わるのではないかと思いますので^^
今回書いたのは張若虚という人の漢詩で「春江花月の夜」です。
ちょっと長いんですが、詩の内容を書き留めておきますね。

春の揚子江にみなぎる潮は、はるか大海原へと連なって
鏡のように平らかである。
その大海原の上へ明月が、潮のさし来ると共に生まれ出た。
今宵は満月。大潮のときである。
月光は川波のままに流れて、千万里の彼方まで広がる。
この春の川のどこに、月光の輝かぬところがあるであろうか。
川の流れはうねうねと、花薫る野辺を巡っていき、
月光は花咲く林を照らして、すべては霰のように光る。
空中を飛ぶ霜は、この月明に紛れて飛ぶとも覚えず、
渚の白砂も月光の白さと重なって、定かには見分けられぬ。
川も空もただ一色に澄み切って、いささかの塵さえもない。
そして空中には冴え返る満月がただ一つ、かかっているのである。
この川のほとりで、初めて月を見たのは誰であったか。
川面を照らす月影は、いつの年に初めて人を照らしたのであろう。
人間の生活は、世代から世代へときわまる時もなく移りゆくが、
川面の月影は年ごとに、全く同じ姿を繰り返す。
いったい、月は誰を待っているのだろう。
見れば長江は、移りゆく人の世をよそに、
そしてまた万物の推移する姿そのままに
流れる水を絶えず送り去っている。

ひとひらの白雲が遙か彼方へと去りゆくのを見るにつけ、
私は青い楓の茂る入り江のほとりで耐え難い憂愁を抱く。
今宵、小舟を浮かべている旅人は誰であろうか。
明月に照らされたどこかの楼の上には、
旅だった人を慕う女性の嘆きがあるのではなかろうか。
あぁ、その楼の上には月光が煌めいている。
それは夫と別れた女性の、化粧をする鏡台を照らしているに違いない。
玉の扉から、簾の間から、差し込む月光のやるせなさに
女はそれを簾に捲き納めようとするが、光はやはり去らない。
夫の着物をうつ砧の上に、払えども払えども月影はまた忍び寄る。
今このとき、月を望んで遙かな人を慕っても、便りを聞く術もない。
どうか月の光の後を追い、共に流れて恋しいあなたを照らしたいものを。
だが別の雁の列が長く渡って、月の光も途絶える。
魚も龍も水底深く踊って、水面には波紋が広がるばかり。
ゆうべ私は、静かな淵のそばで花の散る夢をみた。
あぁ、春ももう半ばなのに、私はまだ家に帰れない。
川の水はゆく春を押し流し、流し尽くそうとしている。
そして川の淵に落ちかかる月も、西へと傾いた。
傾く月影は仄かに、海上に立ち上る霧の中へと隠れて行き、
北の方、碣石の山から瀟湘の辺りまで、無限の旅路が続いている。
この月影を踏みつつ家へと帰る旅人が、いったい何人あることだろう。
沈む月影は私の心を揺り動かしながら、川辺の木々いっぱいに満ち渡る。
満ち渡るのは月の光であるとともに、私の深い旅愁なのだ。


写真は先日の準師範試験課題より。


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

春の悪戯 [臨書/多宝塔碑]

tahoutouhi3.jpg

暖かくなりましたね…
何だか急に暑いくらいだったり
そうかと思えば急に冷たい風が吹き出したり…
今年の春は何だか変な感じです。

かなり長引いていた母の入院生活が
ようやく先日終わりを迎え、やっと退院出来ました。
良くなったかと思うとまたどこか痛めたりまるで今年の春の陽気のよう。
本当に長い入院となってしまいましたが
やっとそこから解放され、母にも春が訪れました。

兄の所へ行ってから約半年。
その間も何かあると私の所へ随時連絡が入り、
本人がそばにいなくても、その都度色んな気持ちになる日々は変わらず…
この半年も気持ち的には気が気ではありませんでした。
離れているから感じる気持ちもあったり…
今までの兄の立場、気持ちがよくわかりました。

何だかね…最近思うのです。
変な言い方かもしれないけれど
私は長生きはしなくてもいいな〜って。
多少身体にキツイことでも、不摂生になったとしても
今…色んな事が出来る今を生き抜いて、やれることをして
自分の人生をそんな風に全うしたいかなって…
もちろん、身体をわざわざ酷使するってことではないけれど
今を何となく生きて寿命を長くするくらいなら
寝ても覚めても何かに没頭して、それで睡眠とかとれなかったとしても
身体の利く今、やれることを無理してもやっておきたいって思う。
受け身ではなくて攻めの生き方を。
母を見ていると、何となくそんな事を考える日々。

春の陽気が
悪戯にそんな心持ちにさせるのかもしれません…ね。

写真は多宝塔碑より


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

駆け抜ける [書教室]

jun_shi.jpg

準師範試験課題の提出日でした^^;
…怒濤の締め切りに追われる日々がとりあえずほんの少し一段落。
…と言っても、来週はいつもの月課題提出が控えてますが^^;
試験課題は全部で5点。月課題を合わせると12点。
毎日毎日書きに書きました〜。
でも、院内展制作の後のせいか、半切が小さく感じたし、
練習が楽に感じた…人間ってスゴイ!(笑)
やっぱり何より経験って大事なのねぇ(=_=)ウンウン

来月は、都内で行われるゼミに参加の予定です。
それで夏の師範試験本番の課題が一つ免除になるというオマケ付き^m^
随分悩んだけれど、夏に私の状況がどう変わっているかわからないので
今、出来るうちに出来る事をやっておきたいと考えました。
免除になるといっても、ゼミの後で全紙に全臨したものを提出しなければならないのですが^^;
前に少しだけ練習していたものなので、
何とか頑張って少しでも後を楽にしておきたいものです。

今は駆け抜けているという感じの毎日ですが
たまにお友達とランチしたり、都内へ絵画展や書の展覧会を見に行ったりして
エネルギー補給もしつつ、残りの距離を走り抜けたいです^^

人生は短い。いま出来る事に感謝。

写真は試験課題の一部より。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Hope [想い…書に込めて]

title_kibou.jpg

気持ちが折れそうになっても

やりきれない出来事があっても

心に ほんの僅かでも

希望の灯火がある限り

人は 頑張っていける。


pray for 3.11〜

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。