So-net無料ブログ作成
検索選択

からだに毎日 [臨書/曹全碑]

sozenhi-re2.jpg
sozenhi-re3.jpg
sozenhi-re4.jpg
sozenhi-re5.jpg

ここのところ、ぐんと冷えるようになってきましたね〜。
うちもヒーター用の灯油をそろそろ買おうかと言っていながら
まだ買ってきてなくて^^;
朝晩寒いので、エアコンのヒーターを慌ててつけて凌いでいる始末です^^;
あぁ、長い冬の始まりですね…私、冬は嫌いです;;

ここ数年の家族の不調が重なった事がきっかけというのでもないですが
自分や相方さんの身体の事をとても考えるようになりました。
もう若いと言われる世代から少しずつ離れようとしているお年頃^^;
毎日を楽しく暮らすためには、日々の健康管理、気にしないわけにはいきませんよね。
かといって特別どうしたらよいのかと思っていて…
やっぱり毎日口に入るものから見直す事にしました。
お米を玄米から精米することにして、たまには玄米も食べるようにしたり
うちは毎食のようにお味噌汁を食べるのですが(カレーとかの日も^^笑)
そのお味噌汁の具を、毎回根菜たっぷりの根菜汁にする事にしました。
たまに豆乳で作ったり、生姜もたっぷり入れて。身体も温まります。
身体に良いとわかってはいても、毎日欠かさずに食する事って結構難しい。
毎回食べるお味噌汁ならそれが出来ます。
それに何と言っても美味しいです^^
不足がちだった根菜類を最近はめちゃ食べてます。
相方さんは一層お通じが良くなったと喜んでました(笑)
土の下になるお野菜は身体を温めてくれるものらしいですね。
地味だけど、毎日続ける事で風邪の予防なり、冷えの改善なり、
少しでも効果があってくれるといいな〜と思っています。

写真は曹全碑の続き。提出用お清書、終わりました〜♪


答えのない答えを求めて [臨書/曹全碑]

sozenhi-re.jpg

11月5日は父の一周忌でした。
もろもろあってこちらに綴るのも遅くなってしまいましたが…^^;
去年もちょうど書き初めの締め切りに追われていましたっけ。
本当に早いものです。でもとても長くも感じたり。

10月に兄のところへ母と共に遊びに行き、母をひと月ほど預けて
父の一周忌に合わせ、兄が母を連れてこちらに帰ってくる予定でした。
そしてまた元の生活に。
ところが向こうで再び母が骨折。今度は反対側の大腿骨です。
これには驚きました。言葉にならないくらい。
それも、前回のように転倒したとかではなくて
普通にただ歩いていて突然痛いと言い出したそうで
筋でも違えたのだろうと病院へ連れて行ったら折れていると…vv
もともと骨粗鬆症だとは言われていましたがまさかホントにそんな風になるなんて。
またまた緊急手術です。
兄との帰宅はもちろん中止。
それどころかこちらに帰って来れるかどうかもわからない状況になってしまいました。
それでなくても手負いの母。再度の入院生活に耐えられるのか、
また悪化して逆戻りしてしまうのではないか…毎日がそんな不安でいっぱいです。
兄と私の立場が、一夜にして逆転してしまったわけです。

兄のところへ行こうと母を連れて行ったのは私。
こんな事になるなんて…どう考えたらいいのか気持ちの整理がつきません。
兄は、これは必然だったんだと言います。
本来ならば俺が看るべきだったのだからと。
…本当にそうでしょうか。答えは永遠にわかりません。

来年の師範試験までの間、前にも書いたように
私にとっては試練の日々が続きます。
旦那さんは、母の面倒を見ながら練習時間を作る事が出来るのかと
ずっと心配してくれていました。
院内展の作品作りの期間だけでも熊本で看てもらったら、と言っていたくらいで。
でもそれは私が与えられた立場の中でやらなければならないこと。
もちろんその覚悟でいました。寝る時間を削るしかないね〜とか言いながら^^;
それが、皮肉な事に突然、私に自由が与えられたという訳です。

父は亡くなる直前まで
自分がいなくなった後、母を私が看る事を気に掛けていました。
本来なら、自分も含めて長男の兄が看るべきという
昔の考え方があった人だったのですね。
でも熊本は遠くて、思った時にはもう身体の自由がきかず、
後悔だけが残っていたようです。もっと早く向こうへ行くべきだったと。
私はそんなこと、思ってもいませんでしたけれど。

父の気がかりが遂げられたというのではないですが
結果として、こうなった事を
私は単なる偶然と思う事が出来ません。
父は私の書の一番の応援団でした。
これから大事な時期だから私に時間をくれたの?
父が母に怪我をさせるはずはありませんが、
こうなった事は兄の言うように必然だったのかもしれない。
でも、何だか気持ちはスッキリしません。
色んな想いが、矛盾した想いが自分の中にあって。
きっと答えなどないのでしょう…考えても永遠にわからない。
私自身が私なりの答えを出して、それを信じて歩いていく他はないのでしょう。

とにかく今は、私が知っている限りの情報を兄に託して、
今までの経験を生かし同じ失敗を繰り返さないようにすることしか出来ません。
遠くから母を励まし、兄を支え続けること。
そして皮肉にも与えられた私の時間を、絶対に無駄にしないこと。
泣き言など言っている立場ではありませんでした…反省です。
これからどうなるのかは全くわかりませんが
とにかく、私に出来る事を日々やっていく。
答えのない答えをただ求めるのはやめよう。
今が繋がって未来になっていく、確かな事はそれしかないのだから。

写真は曹全碑より。

泣き言連発 [臨書/真草千字文]

senjimon3.jpg

久々にお稽古レポです^^;
二週空けてのお稽古になりました。
色んな気持ちのもやもやもそのままに…書き初めの締め切りが目前に迫ってます。
時間は待っていてくれないのねん;;クスン
今回も条幅二点の出品予定。
一つは何とか形になってきましたが、もう一つがなかなか…
先生に、今回は前回の大賞作品のイメージとは変えて書いてと言われ^^;
確かにね…毎年同じようなのを書いていたら、またかと言われてしまいそう(笑)
書き分けられるような技量があればいいけれど…泣きたくなるほどそんなのない;;
いつかは色んな表情で書けるようになりたいなぁ。
泣き言を言っていても仕方ないので、あと一週間頑張るのみです。

来年の院内展、そして師範試験までのスケジュールを
改めて先生が立ててくださり、今回プリントを頂いたのですが
それを見て身体が固まりました^^;
時間がなーい!(゜ロ)ギョェ
そしてそれまでにかかる費用の算出をしたらまたまた固まり(゜;)エエッ
師範組のお友達と一緒に「笑うしかないね〜」と言ってる顔が引きつってました(笑)あは
ようやく見えて来た一つの山だからね…^^;
やるからには仕方のない事ではあるけれど、
目の前で湯水の様に消えていくものたちに、さよならを言う時間もないのでありました(笑)
…大丈夫か?アタシ!^^;
…と、気がつけばまた泣き言になってました(笑)

とにかくやるしかないのだから、やるのだ、やるのだ、やるのだーーー!

写真は千字文より♪

小さな秋 [くらし]

oirase1210.jpg

ご無沙汰しているうちにもう11月。
色々ありましてなかなか更新する気持ちになれずにおりました。
何をどう言って良いのかわからないままに時間が過ぎて…
今はちょっとまだ気持ちの整理がつかずにおります。

予定していた旅行は何とか無事に行ってくる事が出来ました。
東北の方へ…以前から行きたかった場所。
紅葉がもうキレイでした。一足早く小さな秋をお届けです。
奥入瀬渓谷の静けさと水の音…そして木の葉の音を感じていただけたら幸いです^^

ずっとずっとここにいたい…そんな風に思わせてくれる素敵な場所でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。