So-net無料ブログ作成

目利き [書あれこれ]

gantou_hi.jpg

先日、お教室のイベントで研修旅行に行ってきました♪
私は日帰りでしたが、一部の人は泊まりがけで。
初のお泊まり旅行…私も泊まりで行きたかったなぁ;;

もちろん、研修旅行ですから、書にまつわる所に行きましたよ〜。
中国の代表的な石碑を復元したものが集められている公園…
…と言ったら、どこへ行ったかもうおわかりですね(笑)
書をやっている人ならきっと知っている公園です。
一般の人は多分知らないだろうな…^^;
ずっと行きたいと思っていた所だったのでラッキーでした♪
拓本をとる体験なども出来るそうで、有名な作品がたくさんありました。
時間の関係で拓本体験は出来ませんでしたけど…ちょっとやってみたかったかな。
土曜日だというのに、園内にいる客は私達だけ。貸し切り状態でした。
うーん、今後の運営を続けていけるのかとっても心配になっちゃいましたけど^^;
私としては、残しておいて欲しい所です。
なかなか中国へ行って本物を見てくる事は出来ませんからね…。
いつかは見てみたいものですけれど。

rantei_hi.jpg

近くに雨畑硯といって、300年も前から硯の生産をされている場所があります。
最近ではもう石が採れなくて作られていないような噂も耳にしたりしていたのですが
実際にはまだきちんと作られていました。
石が採れないのではなくて、石を発掘する人、彫る人、専用の彫る道具を作る鍛冶屋さん、
そういった人たちが激減して、数えるほどしかいないのだそうで…
どうして日本は簡単に文化を衰退させてしまう国なんだろうと
何だかそういうのを聞くと哀しくなります。
もちろん、現場の方たちは必死に守ろうとなさっています。
でも世の中の流れがそれを許してくれない。
現実と理想とは常にギャップがあるものでしょうが
もう少しそういうものを大切にする国づくりというか…そういうのが必要な気がします。
何をどうすれば古き良きものがもう少し居心地よくいられる世の中を作れるのでしょうか;;

話はそれましたが…そこのおじさんがとても気さくでお話好きの方で^^
良い硯の見分け方、同じ石でも色んなランクがあって
その石の違いを、実際に彫る作業を体験させてくれたりして教えてくださいました。
正直、今まで硯をどう選んで良いのかわからずにいました。
硯は磨ってみなければわからない、というような代物です。
良いものはとてもお高いけれど、実際に買う前に墨を試し磨り出来るわけじゃない。
見た目や重さ、そういう外見から選ばなくてはならないわけで
お店によっては手に取ることさえ出来ないようなところもあります。
今回、目で見た時の見分け方はもちろん、他にどのような所を見ればいいのか
とても丁寧に教えてくださり、本当に勉強になりました。
まさしく研修旅行!(笑)
目利きの仕方を教えてもらったものだから、
家に帰ってすぐに、持っていた硯を確認しちゃいましたよ〜(笑)
この間の坑子巌…うん、やっぱりそんなに悪い硯じゃなかったみたい^^
父の想いを改めて生かす事が出来たとホッとしました^^;
そしてこないだ坑子巌を買ったばかりでしたが…
和硯は持っていなかったので一つ購入してきました♪
とっても良いお買い物が出来て、満足満足♪

今はあまり長い時間をとれない身なので
実は参加するかどうか随分悩みました^^;
でも大分前から段取りをして、家族の協力を得て
何とか行ってくる事が出来て本当に良かったです^^
行かせてくれた相方さんに感謝しつつ…
また修行の方に身を入れて、硯が無駄にならないように頑張ります^^;あは

※写真上は雁塔聖教序。下は蘭亭序の石碑。

blogram投票ボタンにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

怒りの一日 [臨書/曹全碑]

sozenhi7.jpg

今週はひどい一週間でした。
風邪をひいて喉が痛くなるし;;
何より、買ったばかりの新車(軽ですが^^;)が
事故に巻き込まれて早くも負傷。
驚きの事故でした><

信号待ちで止まっていると、後ろで何やらガシャーンという音が。
ん??なになに?後ろの車、どこかにぶつけた?…とバックミラーを見たと同時に
すぐ後ろの車が私たちの車に接近。
え?っと思う間もなくほんの少し、衝撃を感じました。
やられたぁぁ〜!まだ納車から一ヶ月も経ってないのに!><
何してるの!後ろの車は!と思いながら車を降りると…
問題なのは後ろの車ではなくて、その後ろの後ろの後ろの…大型トラックでした。
そう、計4台の玉突き事故。
私達はその先頭の車だったのでした^^;
幸い、私の車はほんの僅かに傷を付けられただけで済みましたが
一番後ろのもろに当てられた車は
後ろの窓ガラスが見事に全部砕け散り、テールランプもこっぱ微塵。
後ろのトランクは潰れて開かないような状態でした。
本当に救いだったのはその場では怪我人が出なかったこと。
一番の被害にあったその車の持ち主さんも、
多少胸が苦しい(シートベルトに圧迫されて)けど大丈夫と言っていたので
それだけはホント良かったです。
(絶対病院に行った方がいいですよ!!と強く言っておきましたけど)

頭にきたのはトラックの運転手。
何を聞いても歯切れが悪く、何だかへらへらして薄ら笑いを浮かべてる様な感じ。
ろくに謝ることもせず、大破した車の持ち主さんの身体を気遣うでもなく。
人に言われてやっと動く、終始そんな感じ。
仕事中だったせいか、全ては会社がやってくれる、みたいな感じで
まるで人ごとのような顔をしてる。
合計8人の一日の予定をパァにして、しかも寒空の中、何時間も待たされて。
そのうちの一人なんて妊婦さんだったんだぞ〜!あり得ないだろっ!
私だったらみんなにあったかい缶コーヒーの1本くらい
買ってこなくちゃ申し訳ないって思うわよ!(←ちと興奮気味。笑)
要するに気が利かないやつだったって事なんだけど (-_-メ)
本当にこういうのってひどい。
私達は大した被害ではなかったけれど、
その大破してしまった人がホント可哀想で(とても思い入れのある車だったのだそう)
100%何も悪くないのに、ホントやり場のない怒りを感じてしまった。
運が悪かった、じゃ納得できませんよね。

事故はする方もされる方も、みんなが嫌な思いをしますね。
一日もやもやしたイヤ〜な気持ち。
あの壊れた車の人なんてきっと悔しくて眠れないのじゃないかしら。
そのくらいの壊れ方でした…ホントショックだったと思う。

私自身もホント気をつけようって肝に銘じました。
免許を持って運転する以上、責任がありますね。
皆さんもどうか、安全運転で!
(…今回のように避けられない様な事もありますが;;)

※写真は曹全碑の臨書より

blogram投票ボタンにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ

nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ちいさな変化から [くらし]

kyosho_johuku1203.jpg

最近、大幅な部屋の模様替えをしました。
父が病気とわかって、母と共にうちで世話をする事になった時は
ただただ急な事で、先のこともどうなるかわからなかったので
とりあえず、ってことで何も考えず空いている部屋に入ってもらってました。
そもそも、両親と一緒に住む事は全く考えてなかった家なので
それでもかなりのムリがあったのですが…^^;
父が亡くなり、実家を引き払う事で精一杯で
自分の家の事なんて考えてられなかった。
ここの所でようやく、自分の家の事も色々と整理していかないと…と
かなり重い腰を上げた感じです^^;

一度親から離れて、自分で世帯を持って
その後しばらくしてからまた親と暮らすというのは
色んな意味で昔とは違うものです。
昔は面倒を見てもらう立場だったものが今は逆になるのだから
当たり前といえば当たり前なんですけれどね。
それでも、改めて親という前に、一人の人間として
親と向き合う事になるんだなぁと日々考えさせられる事ばかりです。
自分が人として、そして子供として
色んな真価を問われている気さえします。

そんな色んな想いや葛藤や、様々な問題や…
毎日、そして毎時間向き合っていると結構キツイものがあります。
この数ヶ月はずっとそんなんで、浮き沈みも激しくて。
何かを変えていかないといけない…とてもそう感じたので
それでまずは模様替え、という事に至りました^^;
年老いた母、無理させてしまっている相方さん、
そして私も含めて、みんなの些細な毎日のリズムや空間をちょこっと変えてあげるだけで
結構色んな事が変わるのでは…という思惑からでした。
まだ変えてから数日しか経っていませんので何とも言えませんが…
ちょっと新鮮で、そしてちょっとずつだけどみんなが快適になって、
私的にはとても良かったと思っています。
大きな変化を求めがちですけれど…まずは身近にある小さなものから変えてみること、
それが一番の近道なのかもです。

※写真は今月の課題(条幅)より♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

棘の道の扉を開けて [競書課題練習]

kyosho_hanshi1203.jpg

久々にお稽古レポ。
朝、お稽古場に行くと、ずら〜っと掛け軸が飾ってありました。
どっかで見た事が…と思ったら、
先日の書き初めで頼んでおいたものが出来上がってきていたのでした。
入賞された方みなさんがほとんど表装を頼んでいましたので、
半紙、条幅作品合わせて10点弱くらいはあったのかな。
一応最高賞を頂いたので…今回も私は本軸装でお願いしました^^;汗
でも…一昨年の時と、布地の色などが何だか同じみたいにそっくり…
…っていうか、よく見たら全く同じじゃん!^^;
(おまかせでの表装なので、色は選べなかった;;)
ちょっとガッカリですぅ…同じ所に頼んだとはいえ、まさかそっくりそのまま同じだなんて。
自分でオーダー出来ない哀しさよ。;;クスン

さて、お稽古の方では隷書の臨書を相変わらず黙々と続けております。
今年はお教室の作品展も予定されているので、その作品制作にも頭を悩ませ中。
今回は詩を自分で選び、紙の大きさも考え、
どんな感じに仕上げるかまでを一人で(まずは)考えるのが目的なので、
結構悩み中です^^;
前回のように短い言葉をインテリア書みたいに仕上げるのが目的ではなくて
今回はあくまで書道の作品として、
それなりの詩文などを選んでの創作なのでムズカシイところです。
でもこれが出来なきゃ全くやっている意味がない。
いつまでもお手本もらってしか書けないなんてありえない。
自分の中では脱・お手本というのを目標に最近は毎月競書にも取り組んでいるつもりです。
もちろん急には厳しいけれど、最初は自分で考えてみる、ってことをね。
独り立ちを念頭に置いてやってみたい…もちろん気持ちの上でってことだけど。

そして最近、自分なりに自分に課した事がある。
今まではなかなか生活の事もあったりで、
時には週に一日しか筆を握れなかった〜なんて事もあったのだけど
これからは週に4日…いえ5日は必ず筆を握る時間を作ります。
例え10分でも。
毎日と言いたい所なんだけど、私一人の自由な身ではないのでその辺を考慮しつつ^^;
ギリギリのラインで4〜5日。
これをずっと続けていく。
その先に続く道を歩いていくために
自分に出来る準備をしておかなくちゃ。
準備をしていた者だけが棘の道も突き進んでゆけると信じよう。
迷う時間があったら筆を握ろう。
ここ数年は勝負の年!

※写真は今月の競書課題半紙より♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

sign [臨書/曹全碑]

sozenhi6.jpg

毎日色んな事があって
ふとした、何の変哲もないいつもの日常でも
常に何かを見、何かと出逢い、何かを感じているわけだけれど
それってただの偶然ではない、と、いつも思っていて。

ここのところ、上がってきたかに見えたバイオリズムはまた低調気味^^;
何となく情緒不安定で、自分でもその不安定さが手に取るようにわかるほどの。
それでも毎日のほんの少しの事が何かの兆しに感じる事もあるわけで
後で結局それは兆しでも何でもなかった、って事もあるけど^^;
でも、きっとこれは何かのサインなのかもって感じる事が、世の中にはあると信じていて。

今日、本屋さんでたまたま手に取った本は
今までの私ならきっと、そのまま本棚に戻していたであろう本。
でも何だかこれが私に今必要な本だと感じたのです。
中身は「そんなことわかってる」って思えば思えなくもない内容ではあるのだけど(笑)
でも、今のこのタイミングで出逢ったのは何かのサインとしか思えなかった。
だって、いつもだったらきっと、絶対買わないもん(笑)
でも今日は何故だかこれを買わなくてはと思えた。
私に足りないものを、知らせてくれるような気がして。

いつだったか、ちょっと前の映画ですが…「sign」の中で

人間はふたつのグループに分けられる。
一つは啓示や奇蹟を信じ、すべての現象は偶然ではないと考える人たち。
もうひとつは、すべては単なる偶然で、所詮この世は自分次第と考える人たち

という台詞があって、
結局、主人公がさまざまに起こった無意味とも思える兆しを
最後に信じたことで、色んな事がハッピーエンドに終わるお話だったんですけれど
(映画としてはあまり評判はよろしくなかった?ようですが^^;笑)
でも、これを見た時に、あぁ、そういう事もあるかもしれないって思ったのですね。
もちろん、色んな事は自分次第なのだけれど
その上で起こるそういう事もあるのかもしれないって。
自分が必要な時に誰かと出会ったり、何かと出合ったり…
それが自分に必要な事なんだと気がつくことで、変わる事もあるって思ったのです。
今日私が出合った本も、そんな事に触れてました。
全ては自分次第で、自分でコントロールしていけるものと思ったらそれは違うのかもしれない。

「全ての現象は偶然ではないと考える人たち」…私もそうありたいです。
自分に向けられたサインに気がつける目を持って。

※写真は曹全碑の続きより♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。