So-net無料ブログ作成

謝謝 [書教室]

kaigetsu2010.jpg rei.jpg
※クリックで拡大します^^

ググググッと涼しく…いえ、寒いほどになりましたね〜^^;
連日しとしとと雨が降り…あの暑い残暑は一体どこへ?
体もびっくりしています。
こんな時期は鼻声になっている方もあちこちで見かけます^^;
どうか体調など崩さないように皆様もご自愛くださいませね。

何だか忙しい感じのここ数日。
原因となっていた作品展も嵐の様に過ぎ去りました^^;
作品を作って、準備をして…そんな期間は長く感じますが
会期が始まってしまえば本当にあっという間。
お忙しい中、お時間を作って寄ってくださった方には
本当に心から、感謝しています^^
時間を作る事の難しさは十分わかっているので
こういう小さな、そして短期間のものにも関わらず
足を運んでくださるって本当に言葉にならないくらいの嬉しさです^^
ホントにホントに、ありがとうございましたm(_ _)m

それにしても、たかだか作品を1〜2つ作るだけでも大変な思いをした私にとって
何十という数の個展などをされる方って本当にすごいですね^^;
何だかそんな事を今回すごく感じたのでした。
もちろんその時に作ったものだけではなくて、
長らくやっている方は作品も溜まっていくのでしょうが
それでも、表具や色んな物の準備、ホントに大変です^^;
普段はただ練習だけで終わってしまうお稽古ですが、やっぱりこういうのを体験すると
「作品」として作る事の意味、その醍醐味を少し味わう事が出来ます。
これを機会に、少し作品を意識したもの作りをしていきたいと思った私です。

さて、今回の作品ですが、戻ってきたらUPしようと思っていたのですが
まだずっと先になりそうなので^^;
会期中に撮ってきたものをUPしました。
ガラス入りのフレームに入っているので写真が難しくてあまりよく撮れてませんが^^;
前にここでも書いたことのある言葉を今回また選んで書きました。
私にとっては色んな思い入れのある言葉なので、作品として作っておきたかったのです^^
写真ではわかりずらいですが、バックに模様が入っています。

suminagashi.jpg←クリックで拡大します^^

これは和紙の模様ではなくて、自分で染めました。
最後まで色んなところで和紙を探したのですが気に入ったものが見つからなくて^^;
え〜い、ないなら自分で染めてしまえ!と思って(笑)
白い雲流紙に青系の色で墨流し染めをしました(お風呂場の浴槽で!)
うまく染まったと思うと書くのを失敗したり、その逆もあったりで^^;
もう、最後は仕上がらないかと思った^^;
…想像してください、お風呂場で汗ダラダラで奮闘している姿(笑)
そんな感じで仕上げた作品です^^

もう一つのは一文字選んで30人ほどの人が書いたんですが
私は「麗」という字を選びました♪
これは、書家だった祖父の雅号の一文字なんです^^
祖父に敬意を込めて、これは迷わずこの字に決めました。
見ていてくれているかな、おじいちゃん^^

今回はお手本は書いてもらえませんでした(他の生徒さんには書いていたのに〜;;)
こちらのブログで好き勝手に書いて載せているものはお手本なんてもちろんないのですが
お教室の中では大体お手本を元に書いている事が多いのと
普段は自分で書いていってもそこから直される事がほとんどなので
最初から最後までお手本というものを書いてもらわずに仕上げたのはもしかして初めての事かもです。
何というか、お手本なしの心許なさは前にも書きましたけど^^;
でも、その分自分の作品って気持ちが持てて緊張しつつも楽しめました。
もちろんお稽古中の身ではお手本や教材は大事で、それを元に精進しなければなりませんが
こういう自力での作品の場、というのも本当に大事だと実感したのです。
それでなければ、いつまでも心許なさが消えない気がしてそれ以上先へ進めなくなってしまう。
こういう機会を増やしていくことで得られる事って大きいですよね。
そんな意味でも今回の作品展は私にとっては意味のあるものとなりました。

見に来てくださった方からの励ましの言葉で
またフンドシ締めて(←なんとお下品・笑)頑張ろうって気持ち、たくさんいただきました^^
改めて、ありがとうございました♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^

タグ:創作 書教室
nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

人をみる [書教室]

kyosho_johuku1009.jpgkyosho_shokai1009.jpg
※クリックで拡大します^^

先週、もう今月の課題提出でした^^;
…というのも、前からブログでも触れていた作品展が今週あるために
一週はお稽古が割かれてしまうことになるので、その分締め切りも早まる…という事で^^;
いつもながら、毎月早いわー^^;

先日、作品展の搬入のお手伝いに行きまして、会場の準備もほぼ仕上がって来ました^^
私の作品も額入りのが出来上がっていて、初めて完成品を見る事が出来ました。
やっぱり、少しお洒落してもらうと雰囲気がぐんと変わりますね。
会場は普通にいつもお稽古をしている所なので面積が狭く、全部の作品を飾るのは結構大変でした^^;
やっぱりいい位置と目立たない位置ってありますよね^^;
作りが美術館の様になっているわけではないので、
ライティングなどがきちんとある所に飾れるのは一握りの作品だけなんです。
まーそこに飾られた人はラッキーかなって事で(笑)
ちなみに私のは…目立たない方の所です(゜ロ)ギョェ(爆)
…な〜んて、そういうのに実はあんまり欲がないので、どうでもいいんですけれどね(笑)

他の生徒さんの作品を見るだけでもとても楽しかったです。
搬入のお手伝いは一足先にゆっくり見る事が出来るのが特権♪^^
そして何より、みんなで何かを作り上げていく、っていう過程が
何だか私は好きなんですよね。
だからこういう機会のある時は極力お手伝いに行くようにしています。
人が何人か集まると、その人たちのキャラとか色々わかってきて、興味深い所もあります^^;
年の功なのかわかりませんが、何となく見えてくるものがあるんですよね〜。
良い意味でも悪い意味でも。
逆を言えば私も誰かにそう見られているのかもしれない^^;
押す人、引く人、静かにそこにいるだけの人…色々いるから面白い。
人を見ているだけでも十分人生勉強になる気がした一日でもありました。

さぁ、作品展、無事に終わってくれますように^^

※写真は今月の条幅課題(左)と小楷書(右)です♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^

nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

さかさまの秋 [臨書/百人一首]

hyaku-78.jpghyaku-79.jpg
※クリックで拡大します^^

【百人一首-78/左】
淡路島 通ふ千鳥の鳴く声に
幾夜寝覚めぬ 須磨の関守
源 兼昌

【本文訳】
淡路島 可よふ千とり能鳴く聲に
幾よ年さめぬ 須磨の関守

【内容訳】
淡路島から渡ってくる千鳥の物悲しい鳴き声に、
幾夜目を覚まさせられたことだろうか、須磨の関守は。

【百人一首-79/右】
秋風に たなびく雲の絶え間より
もれ出づる月の影のさやけさ
左京大夫顕輔

【本文訳】
秋風耳 多奈日く雲能堂え間より
毛れいつ類月の影のさや介散

【内容訳】
秋風に吹かれて、横に長くたなびく雲の切れ間から
もれてくる月の光の、なんとすがすがしく、澄み切っていることか。


もう9月の半ば…早いものですね。
あれほど暑かった夏も、ようやく少しずつ、秋の気配を運んでくれているように見えます。

百人一首の臨書も残り20首ほどになってきました。
あと3ヶ月ちょっとの間に20首…と考えたら、少しピッチをあげなければ…^^;
今年は何としても、最後の100首まで書きあげます。
そして来年は、また新たな形で1から百人一首に取り組みたいと考えています。
百人一首に改めて触れてみて、その内容の素晴らしさを再認識しました。
記憶力の悪い私は、なかなか全てを暗記したりは出来ないでいますが^^;
それでも、記憶に残る歌を、一つずつ増やしていけたらなぁと思います。

今回は2首とも情景を詠った歌になりました。
78の淡路島〜の方は季節は冬みたいですが…
79の歌は、子供の頃から覚えていて、大好きだった歌の一つです…やっと出てきました^^;
これからの季節にピッタリの歌♪
秋の月の美しさと、静かですがすがしい秋の夜長…そんな情景がうかぶこの歌が
昔から何となく好きなのです。
…結局私、子供の頃から月が好きだったんですねぇ^^;

内容について少し話しますと、最初に出てくる「秋風」の秋の字、
実はこれ、秋のへんとつくりが逆になっています。
昔の古典には、こういったものが結構出てきます。
たとえば海の字…三水に毎と書きますが、毎の下に水と書いていたりもしていたみたいです。
書道字典などで調べていると、こういうへんとつくりを置き換えたものが結構あります。
中国では、大昔にそんな風に使われていたのかな?^^;
創作などで書く時、あえてそんな字を用いてみたり…そんな事もします。
そこから何故今の様な逆さまの形になったのか…よくわかりませんが^^;
漢字の歴史、面白くもあり、おそるべし…です^^;

どんなに暑くても、やっぱり季節は巡ってくるのだなぁと思います。
いつまでもそこに留まっているものは何もないのですよね…
時折立ち止まってみることは必要だけれど、
やっぱり遅かれ早かれ歩き出さなければならなくなるのです。
一歩の勇気…なかなか持てない自分ではありますが^^;
どんなに時間がかかろうとも、いつか一歩を踏み出せる自分でありたいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

集まれ!わたし。 [臨書/書譜]

shohu_f1.jpg
※クリックで拡大します^^

今月最初のお稽古。
作品展の提出も終わり、止まっていた新しい臨書がスタートしました。
苦手な草書の古典「書譜」です^^;
10月に入ってしまうと恒例の書き初め展の作品作りが始まってしまうので
またしばらく臨書はお休み。なので今月は集中して頑張りたいです。
草書の古典の代表的な作品の書譜ですが、私はどうも草書自体がニガテ^^;
字形が難しいこと、漢字の判別がつかないこと^^;
崩されすぎて元の字がホントにわからないものばかりです。
こうなるともう、漢字というより何かの暗号のような感じ^^;
それでも、ニガテとか言ってられないので、何とか頑張らねば。
前に自分で途中まで臨書してましたが〜今回はまた最初から書き直しです。

実は最近、自分の気持ちがぐらぐらしている事が多くて
書の練習、手に付かない期間が続いていました。
このブログを長く見てくださっている方にはお馴染みの(笑)
いつものバイオリズムの低下ってやつですね^^;
何というか理由がわからないのですが体が動いてくれないのです。
気持ちは動け、やれ!と命令を出しているのに
体が拒否をしているんですね。
自分の中の気持ちがバラバラで、それぞれ勝手な事をしている感じ。
まとめ役の私が「整列〜!」と言っているのに、誰も聞いてくれない感じ^^;

こんなんじゃいけないと思いながらも
もうウン十年近く「私」をやっている私です(笑)
こういう時はそれでいいじゃないか、最近はそんな風にも思える時が増えました。
その間は、勝手に動き回っている「わたし」に好き勝手にさせておきます。
あれもやり、これもやり、あっちもやってみよう、なんて事もあったり
ひとしきり飽きたら、またあるべき場所に戻ってくるでしょ〜なんて思いながら^^;

…そうしているうちに、知らない間にきちんと整列して
「わたし」が私として動き出してくれる事でしょう〜^^;

※写真は書譜の臨書から♪


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カケラ 3作 [想い…書に込めて]

kokoro.jpg
omoi.jpg
ai.jpg
※クリックで拡大します^^

人のこころに触れる機会が多かったこの頃。
100人いれば100通りものこころがある中で
自分に限りなく近い心のカケラに、理由はわからずとも震える瞬間があります。
そういう瞬間というのは、単に気が合うだとか、気持ちが一緒だとか
そんな簡単なものでもないように思うのです。
人の数だけ心の数、想いの数、愛の数があって
そのどれもほとんどが自分とぴったりとは重なり合う事のないもの。
それでも、カケラの一部分が共鳴することを知って、お互いに惹かれていく。
そうして、かけがえのない関係が出来上がってゆく。

最近では、そんな心のカケラさえも
中に浮いたまま、共鳴する事を忘れたまま
関係を築けないままに悲劇が生まれる事件が多い気がします。
中に浮いた心のカケラ…とってももったいないって思います。
人を知ることで自分自身を知る事が出来るのだから
人のカケラが自分の一部分になってくれる事もあるのだから

私も決して交友関係が広い方ではないですが笑
それでも、かけがえのない関係を、
緩やかに、穏やかに、育てていきたいって思う。
100のカケラはいらないけれど、1つのカケラを大事にしよう。

…そんな、想いを込めつつ^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ジンジャーに恋して [cooking]

gari.jpg

最近、生姜にハマっています^^
と言っても、ハマっているのは生姜の甘酢漬け…いわゆる“ガリ"です。
普通に色んな料理に生姜は使ってましたけれど
元々お寿司屋さんなどに行ってもあまりガリを食べる人ではありませんでした。
そんなに好きでもない、って感じだったんです。
それが何故、今、ガリなの?って感じなんですけど〜(笑)

きっかけは、実家の両親でした。
ご存じの通り毎週実家に行っている私ですが
随分前から父と母が何かに漬けてある大量の生姜(“何か”って何ぞよ・笑)を
健康の為といって毎日少しずつ食べているのは知っていました。
でも、特に何なのか聞いた事もなかったんですね(あまり興味もなく^^;)
その大量の生姜が母が入院してちょっとしたらなくなってしまって、
(作り置きする余裕もなかった為)
最近ずっと食べていなかったら、父がずっと良かった胃の調子がイマイチだと言い出して。
元々胃腸が弱い父なので(胃潰瘍にもなっていますし)
もちろん、生姜が理由ってわけでもないのかもしれませんが
ずっと食べていてやめてしまったものはそれしかないし、
調べてみると生姜には消化器系に良い成分もあるみたいでしたので
まんざら否定も出来ないかな、と思いまして…
ところが、父が同じように生姜を漬けようと思ってやってみた所、
どうも前のと味が違う。前のレシピは元々書き留めてあったレシピに
自分なりにアレンジを加えていたみたいなんですが、
それの配分とか材料とか、全然書き留めておかなかったらしいんです(笑)
それじゃあ、同じ味に出来るわけないでしょ〜!と言ったんですけど^^;
何度か色々試したらしいんですが、あまり美味しくないので毎日続かなくなってしまったらしく
娘の私がひと肌脱ごうという事になったわけなんです。

生姜なんぞいつもほんの少ししか買わない私ですが
少し多めに買い込んで、せっせと下ごしらえ。新生姜も実は初めて買いました^^;
色々なところでレシピを調べて、小さなビンに実験用に作ってみては味見をする…の繰り返し。
元々あまりお酢が得意ではない父なので、あまり酢が尖ったような味はダメ。
かといって甘過ぎでは毎日食べるのにどうかな…というのもあって
ちょうどよい加減の、やさしい味のものにしたくて
レシピを参考に自分で分量を調節して、何度か漬け込んでみました。
毎日味見をしているうちに…何だか私まで毎日生姜を食べないといられなくなってしまって(笑)
以来、必ず毎日食するようになりました。
これで私まで色々効果があってくれるといいんですけれど^^

そんな中、真夜中にふとつけたテレビで、たまたま生姜の事をやっていたんです。
何だかすごくタイムリー。私のために放送してくれているみたいって思ったほど(笑)
甘酢漬けの事はやっていませんでしたが、生姜の色々についてやっていて
目から鱗の事がたくさんあったので、生姜好きな方は是非HP(→こちら)ご覧になってください^^
ウルトラ生姜(!)の作り方や、意外に知られてないことなど、勉強になりました。
冷え性の方で生姜の効果を期待されている方は、
単に生の生姜をすり下ろしたものを食しているだけでは逆効果だそうですよ^^
知らないってホント、コワイですよね〜。
私もこれから生姜を上手に使って、元気な体作りたいです!^^

※写真は最近一番お気に入りの味に出来た甘酢漬けです〜♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
タグ:くらし
nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。