So-net無料ブログ作成
検索選択

冬眠から覚めたら [臨書/百人一首]

hyaku-61.jpg
クリックで拡大します^^

【百人一首-61】
いにしへの 奈良の都の八重桜
けふ九重に 匂ひぬるかな
伊勢大輔(いせのたいふ)

【本文訳】
い尓し遍の 奈良の三やこ農八重桜
今日九重二 耳保悲ぬる可那

【内容訳】
昔の奈良の都で咲いていた八重桜が
今日は京の九重の宮中で美しく輝いてさいていることよ。

今回は一首のみ^^;
これからの季節にピッタリの歌です♪
九重というのは宮中の事。
いにしへの奈良の都は「平城京」を指し
けふ九重は「平安京」を指す。
かつての奈良の栄華を思わせる豪勢な八重桜が
今は京でさらにいっそう美しく咲き誇っており
まるで宮中の栄華のようだ、という意味も込められているとか。

*****

もう少ししたら桜の季節になりますね♪
毎年繰り返しなのに、それでも何だか待ち遠しい^^
桜の季節ともなれば、出逢いと別れを連想させますが
年齢とともに、出逢いも別れも少なくなっているような気がしてしまいます^^;
それだけ自分自身の環境が何年も変わってないってことになるのかもしれませんが…
今年はもう少しそういう意味での変化を自ら起こしたいかな、なんて気になっています。
環境を変える事はとてもパワーのいる事だけれど
前に進むためには必要なパワーなのかもしれません。
春は何かを変えるにはとても良い季節。
もう少しの間冬眠したら
むくむくっと動き出しましょうか^^
(…って、まだ眠るのね・笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^

nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

頑張っているひとがすき [臨書/楽毅論]

gakki1.jpg
クリックで拡大します^^

ここのところ、ぽかぽか暖かくって
一気に花の蕾も開いたかな♪なんて幸せな気持ちの海月です^^*
やっぱり暖かい、ってとっても嬉しい♪
でも、油断しているとまた寒さ、ぶり返しますかしら…^^;

2月ももうあと僅かになりました。
大分出遅れましたが
新しい臨書、やっとこさ取りかかれた次第です^^;
光明皇后の「楽毅論」。
前から書いてみたいと思っていた古典です。
元々は中国の書聖、王義之が書いた物で
それを光明皇后が臨書をしたものが残されているんですね。
昨年、奈良の正倉院展で実物を見る事が出来たんだそうですが…見たかった;;
漢字の古典臨書は中国のものが多いですが
今回は敢えて日本人のものを書いてみたかったのです^^
何よりすごいと思うのは、今現在もなお書聖として語り継がれている
書の神様のような王義之の作品を
1300年も前の光明皇后がその時代に臨書というものをしていて
それが残され、こうして私達の時代にまた眺める事が出来るということ。
気が遠くなる様な年月を経ても、色褪せないもの…すごいことです。
これからしばらく、ゆっくりではありますが書き進めて行きたいと思います♪

******

今日は国中が待ってました♪フィギュア女子のSPでしたね〜♪
真央ちゃん、とっても頑張ってました^^
ジャンプの時には思わず一緒に力が入りましたが(笑)
あの雰囲気の中、ほとんどミスなく仕上げるというのは流石です。
それにしても、キム・ヨナ選手は何故にあんな艶っぽいのでしょうね^^;
リンクの上に立つと、普段のあどけなさはどこかに消え去り
完全に「女」の顔…色っぽさにドキッとしちゃうほどです。
あの演じきる姿が一流の証なんでしょうね…脱帽の演技でした。
そしてそして…地元カナダのロシェット選手。
彼女の演技の時には泣きました;;
どんなにかキツイ数日間だったことでしょう…。
それでも立派に滑りきった凛とした姿、かっこよかった^^

色んな競技を見ていて思うけど、夢中になって見ていると
メダルとか、誰か一番とか、そんなのどうでもよくなってきちゃう。
みんな誰と闘ってるわけでもない、自分と向き合って自分自身と闘っているんですよね。
もちろん順位がついて、メダルを目指してはいるんだけれど
最終的に辿り着くのはメダルの色よりもそこだって気がします。
何はさておき、やっぱり頑張っている人の姿っていいものですね^^
毎日何だか元気をもらえている私です^^


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

見えないゴール [書教室]

shodanren_3.jpg
クリックでちょこっとだけ拡大^^;

臨書スタートの前に…^^;先日のお稽古レポ。
早くも今月最後のお稽古日で、課題の提出日でした。
前日のお天気のせいか、生徒さんの数が多い多い^^;
私は雪が降っても槍が降っても行きますけれど(笑)
やっぱり微妙なお天気だと振替る方も多いみたいです。
今、ひそかな書道ブームだとか?!
漫画ドラマ化されたり、書道甲子園なんかもやっているから、
そのせいもあるんでしょうか。

今月の課題は無事提出。
…ですが来月の初めに昇段試験の提出の締め切りがあって^^;
今までも何度か触れましたけれど、半紙の楷書、行草書の1級を過ぎると
年に数回ある昇段試験というのを受けないと上にあがれません。
もち、お金がかかります^^;
なので課題提出が終わったからといってぼやぼやしてられないのです〜^^;
お金を払っているので、よほどの事がなければ合格なのでは?という
密かな疑問もあったりしますが(笑)
そういう余計な事は考えずに頑張ろうと思います^^
余談ですが、これがどんどん上の段に行くとどうなるか…
課題に条幅が加わり、種類が上に上がるほど増えて行き、
最後は師範試験となります。
これは全て創作として自分で書かなければなりません。
…師範試験ですから当然なんですけれどね^^;
それまで何年かかるのやら(笑)
当面の大きな目標はそこです…見えないゴール^^;
でもすぐに遠くの場所に行ける訳じゃない、毎日一歩踏み出すことで
徐々にその場所に近づいて行ける。
今はただ、毎日の一歩をどれだけ頑張れるか…やっぱり自分との闘いです^^;

写真は昇段試験の練習より♪

…あ、忘れていました、ついでに今月の課題(条幅漢字)もUP^^
楷書は写真取り忘れましたぁ^^;汗

kyosho_johuku1002.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^

nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

次回は… [臨書/百人一首]

hyaku-59.jpghyaku-60.jpg
クリックで拡大します^^

【百人一首-59/左】
やすらはで 寝まなしものを小夜ふけて
傾(かたぶ)くまでの 月を見しかな
赤染衛門

【本文訳】
耶春ら八て ね奈ま之ものを小夜ふ希て
可多婦久まての 月乎見し可奈

【内容訳】
あなたが来ない事を知っていたら、ためらわずに寝てしまったのに。
待っていたら夜が更けて、西に傾くまでの月を見てしまいました。

【百人一首-60/右】
大江山 いく野の道の遠ければ
まだふみも見ず 天の橋立
小式部内侍(こしきぶのないし)

【本文訳】
大江山 い久のゝ三遅の遠希れ八
ま多文毛見す 天の橋立

【内容訳】
大江山を越え、生野を通る、母のいる丹後への道は遠すぎて
まだ天の橋立を踏んでみたことがなく、母からの文も見てはいません。

左の歌は恋人の来訪を待って寝ずに起きていたと恨み言を述べた歌。
待ち人来たらず…ってところでしょうか^^;
気持ちはわかりますよね。現代も共通の想いです;;
「かたぶく」とは西の山に月が傾く事で、夜明け頃をさすそうです。
右の作者の母親は56で出てきた和泉式部。
親子して歌詠みが上手いと評判だったそう。
やっぱり遺伝子のなせる技かしら^^
大江山とは現在の京都福知山市の千丈が嶽のことだそうです。
「天の橋立」を前に持ってきて変化をつけた構成になっています。


百人一首もやっとこさ60まで来ました〜^^;
…が、ここのところバタバタ続きで
今年の目標の一つ、古典臨書のスタートが遅れております^^;
書道は古典臨書が基本。どんな時でも忘れてはならない修行です。
お稽古の課題が増えても、自身への課題が増えても
これだけははずしてはいけないもの。
最近ちょこっと臨書が疎かになっていて反省です。
次回は古典臨書のスタートがUP出来ればと思っております〜^^
何を書くかはもう決めました♪乞うご期待です〜(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

一進一退 [くらし]

kyoshoren_1002.jpg
クリックで拡大します^^

今日は入院中の母に外泊許可がおりたとのことで
私も送り迎えを兼ね、実家に向かいました。
この一ヶ月、本当に頑張っていた母だけに、本人も相当嬉しかったと思うし
私も本当に嬉しくて。

…なのに。

今朝になって、直接怪我をしたところとは別の所に痛みが発生したらしく
立つことも歩くことも出来なくなってしまったとの連絡が;;
急遽、外泊の話は中止になりました。

多分、これまでのリハビリの中でどこか体に余計な力が入ったり
かばってる所があったんでしょうね。
座骨神経痛に似たような感じで、その神経が足にまで来ているのか
ピキッと痛みが走り、とにかく痛いのだそう。

今朝は悔しくて涙が出たと言っていた母。
…私も本当に悔しいよ。
泣き言ひとつ言わずに頑張ったのにね。

…こういう事があると、やっぱり神様なんていないって思っちゃう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^





nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

緩やかな一日 [臨書/百人一首]

hyaku-57.jpghyaku-58.jpg
クリックで拡大します^^

【百人一首-57/左】
めぐり逢ひて 見しやそれともわかぬ間に
雲隠れにし 夜半(よは)の月かな
紫式部

【本文訳】
めくりあひて 見しやそ連とも王可ぬま二
雲可具れ尓し 夜半の月可奈

【内容訳】
せっかく久しぶりに逢ったというのに
それが貴女かどうか見分けがつかないうちにあわただしく帰ってしまわれた。
まるで雲間にさっと隠れてしまう夜半の月のように。


【百人一首-58/右】
有馬山 猪名のささ原風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする
大弐三位(だいにのさんみ)

【本文訳】
ありま山 井奈のさゝ者ら風ふ介盤
いて楚よ日登を わすれや八する

【内容訳】
有馬山の近くにある猪名(いな)にある笹原に風が吹くと
笹の葉がそよそよと音をたてる。
まったく、そうよ、そうですよ、
どうしてあなたのことを忘れたりするものですか。

今回の歌は親子共演です^^
源氏物語で有名な紫式部と、その娘大弐三位。
紫式部の歌の方は、久々に逢った昔なじみを月に喩えて詠んだもの。
大弐三位の方は恋の歌で、句中にある「いでそよ」とは
そう、それですよ、という意味で、笹の葉がそよそよと吹かれる「そよ」とかけています。


今日は久々に暖かい日になりましたね〜♪
太陽の暖かさをじんわりと感じる事が出来て
何となく気持ちも緩やか〜な感じ^^
そんな夜中に、映画「グッド・ウィル・ハンティング」をやっていたので久々に見ました。
もう結構前の作品ですが、今見ても良い映画でした。
ロビン・ウィリアムス、好きな俳優さんです^^
今日の気候にふさわしく、じんわり温かく染みいる人間模様。
人を信じて、受け入れてもらうこと、受け入れてあげられること。
そうしてみんな自分の存在価値を確認出来るのですね。
短い人生の中で、そういう存在にどれだけ出逢うことが出来るか。
そんな一つの出逢いで色んな人生、ガラリと変わる事もあるな、と思ったのでした。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^
タグ:つぶやき
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

心(shin) [書教室]

ganto_johuku.jpggant_johuku2.jpg
クリックで拡大します^^

先日は今月最初のお稽古でした。
表彰式というイベントも終わっていつもの稽古に戻り、静かな1日^^
今月はちょこっと中断していた雁塔を半切に仕上げていきます。

お稽古の前の週に、お教室の新年会がありました
こういう親睦会も何回目かになりますが、私は出席率100%かも(笑)
最近では親睦会出席率の高い人同士、自然と小さな絆が生まれている感じがします(笑)
ああいう席では、色んな人の色んな一面を垣間見る気がしますよね^^;
お酒が入って気が緩むのか、会話の内容だったり周りへの配慮だったり、
そういうのが自然と出てくるから、何か見えちゃうものがあるんですよね^^;
話の内容から聞き上手な人かどうかも何となく伝わってきたり。
そういうの見ているだけでも自分にとって学ぶ事が多いです^^;
人のふり見て、学ぶべきところ、直すべきところが見えてくる気がしますね。

色んな事に通じると思うんですが
何かを学ぶ時、私はそれそのものをただ練習して
上達するだけじゃどうなの、という思いがあるのです。
そこにはやっぱり心の部分、精神的な向上もなくてはなりませんよね。
スポーツなどの場合、結果が全てで
ただ勝てばいいという場合もあるのかもしれませんが
実際はそうではないと私は考えます。
スポーツマンシップもその一つですよね。

だから紙に向かって練習するだけじゃなくて
そういった親睦会などで外に出るようにしているというのもあります。
普段、家仕事で関わりが少ないというのもありますが^^;
人と関わることで学べる事は本当にたくさん。
独りよがりにならないようにしながら
その関わりの中から、色んな事を書作品にも吸収していけたらな、と思います。

写真は雁塔の臨書です^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^


nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

よいこらしょ [臨書/百人一首]

hyaku-55.jpghyaku-56.jpg
クリックで拡大します^^

【百人一首-55/左】
滝の音は 絶えて久しくなりぬれど
名こそ流れて なほ聞こえけれ
大納言公任(だいなごんきんとう)

【本文訳】
瀧の音八 多えて久し久奈利ぬれど
奈こそ流連氐 尚聞こえけれ

【内容訳】
滝の流れる音は絶えて
聞こえなくなってからもうずいぶん長くなるけれど、
その名高い評判だけは流れ伝わって
今だに人々の口から聞こえていることよ。


【百人一首-56/右】
あらざらむ この世のほかの思ひ出に
今ひと度の逢うこともがな
和泉式部

【本文訳】
あら佐らむ 此のよの本可農思ひ氐二
今一度の逢不ことも可奈

【内容訳】
もうすぐ私は死んでしまうかもしれない。
あの世での思い出として、今もう一度だけ
あなたにお会いしたいものです。


久々の更新は、今年最初の百人一首からです^^;
左の歌は名声や評判を滝に喩えて歌っているもの。
作者の、作品が語り継がれて欲しい気持ちを歌っているとも言われています。
右の歌は恋の歌^^
あの世での思い出にもう一度逢いたいって気持ち、何となくわかる女心であります^^

気がつけば今年もはや一ヶ月が過ぎ、
百人一首の臨書もペースをあげていかねば…という所なのに
ここのところ何だかパソコンに向かう気持ちになれない日が多くて
なかなかUP出来ずにおりました。何だか冬眠みたいですが^^;
1月は色んな意味で休憩の月になってしまった感じです^^;
…これではいけないっと重い腰を「よいこらしょ」とあげつつ(笑)
もう少しペースを上げていければと気持ちだけは思っているところ…
気持ちを入れ直して頑張ります!^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ?'術ブログ 書・書道へ
↑ポチっとしていただけると励みになります[揺れるハート]↑^^


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。